2013年03月08日

鉄筋継手研究会第7回例会レポート

お疲れ様です!
去る2月22日(金)福岡国際会議場にて
アクティスが事務局を担当する鉄筋継手研究会事務局主催により
「鉄筋継手研究会第7回例会(基礎編)」が開催されました。

当日の参加者は80名
今回も設計・監理・ゼネコン・継手施工業者・メーカー等多くの方にご参加頂きました。
ありがとうございました。

研究会も今回で7回目
半年に1度開催してますので、3年半続いています。

建築・土木の躯体工事に携わる皆様が一同に介して鉄筋継手をテーマに開催する研究会は
日本でもこの研究会だけです。
特に施工業者が主催する会は珍しく、施工側から見たストレートな意見を発信するため
参加者の皆様にも好評をいただいています。
まだご参加でない皆様も次回は9月第8回例会を予定してます。
参加をご検討下さい。

今回より、皆様のアンケートを反映し、途中参加からでも学べるように
毎年2月開催を、圧接・溶接・機械式継手の基礎編としシリーズ化にて開催しました。
今回は初心に戻り、鉄筋ガス圧接工事(基礎編)で開催しました。
9月開催は応用編とし、皆様のご要望の多いテーマを1歩踏み込んで発信して行きます。
ご期待下さい。

フライングになりますが・・・
9月は最近使用頻度が多い高強度鉄筋をテーマにする予定です。
毎度おなじみの角陸講師による、高強度鉄筋の動向
鉄筋メーカーさんによる九州地区の動向
アクティスの高強度鉄筋専用継手「3CW」のご紹介を予定してます。
宜しくお願いします。

研究会事務局員の皆様!お疲れ様でした
次回も頑張りましょう!

それではまた!

研究会の様子
IMG_0327.JPG

IMG_0321.JPG

多くの展示品が出品されました
IMG_0346.JPG





posted by totolin at 07:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。