2012年12月10日

ISO更新完了!

少し前の話になりますが・・・12/29~30日ISOの更新審査を受審しました。
初年度登録が2001年ですから、11年が経過し12年目に入りました。

アクティスのISOはメイドインアクティスです。
登録されている企業の多くは、コンサルティングが管理をし更新して行きます。
その管理費用だけでも多額になると聞きます。

11年前、まだ小林君なんかが在籍していた時代にメイドインISOにチャレンジし
ISOの大御所JQAで登録完了しました。
圧接業者では全国でも数社しか登録できてないと思います。

始めはゼネコン対策、営業のためにとチャレンジしたISOですが
圧接部のバラバラだった書類管理が一元化され
品質管理、生産性の向上と色々効果を上げてきました。

11年も更新すると、更新も慣れたものですが、毎回何らかの改善の機会を頂き、着実に進化しています。

特に今回は、AQ手帳とISOのリンクが印象的でした。

10年以上続く事業計画から生まれたAQ手帳の内容とISO活動がリンクしてきています。
ISOの真の目的は品質保証だけではなく、企業の経営活動まで踏み込んでいます。
そのやり方をISOは教えてくれています。

ISOを継続する中で自然と経営活動にまで踏み込んだものに成長してきました。
メイドインアクティスだから出来た成果だと思います。

課題は日々の業務サイクルです。
毎日の仕事を効率的に記録に残し活用することです。

自分たちでルールを決め、それを愚直に実践する必要があります。
まだまだ駆け込み更新の域を脱せません。
早急に新ルールにチャレンジし成果を上げる必要があります。

日山部長宜しくお願いします。
いつかは圧接から溶接そしてレールに発展するISOを目指したいと思います。

川田専務・日山部長・継手部の皆さん、更新お疲れ様でした。

審査計画書です。
IMG_1339.jpg

審査報告書です。
IMG_1340.jpg
posted by totolin at 07:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。